この物語の終わりに…
by yuuna-him-no1
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
BooKMarK
REZEPTY
医療事務員必見、
いろんな先輩がいますよ

新・診療情報管理士を
目指し勉強中の方のBBS

新・診療情報管理士を目指し勉強中の方のBBS 2

April 2011
「ユウナログ」別館です

雪虫 日誌
自然大好き人間の
雪虫さんのブログです。


★医療事務員さんのリンク

Happiness Life+
消化器内科の医療事務員
きみちゃんのブログ
診療情報管理士65期
専門課程を受講中です。

輝く時の中で~Happy~
きみちゃんの別館です♪

私の医療事務記録帳
派遣で医療事務を始めた
キャシーさんのブログです

MRの嫁日記
病、医院に出入りされる
MRさんが御主人で、
ご自身も元MRの
ひまわりさんのブログです


おきらくまきぼんの徒然草

まきぼんさんは呼吸器、
膠原病外来のクラーク
さんです。

★でっかいいちご★
耳鼻咽喉科で医療事務を
しているゆこゆこさんの
ブログです。
診療報酬請求事務能力
試験合格!これは合格率
30%台の難関な試験で
す。おめでとう(^^)

すてふぁみのーと
整形外科で医療事務を
している、みのわさんの
ブログです。

pom日記
医院役員職のpomさんの
ブログです。たくさんの
医療関係の資格を持って
おられます。

モモブロ 
~医療事務の仲間入り~

ついにクリニックで
お仕事デビューとなった
モモさんのブログです♪

ムニエル
医療事務暦17年の
ベテラン事務員さんです

まいさん日記
医療事務6年のまい
さんのブログです♪
4月にブログデビューです


★SEさんのリンク

公務員叩きに物申す!
現職公務員SEさんの
ブログです。
医療制度改革シリーズは
必見です♪



★診療情報管理士
さんのリンク


診療情報管理士・
もぐらの戯言。

診療情報管理士の先輩、
DPC試行病院で活躍中の
jeanさんのブログです。

病院に関わる
すべての人へ

Jeanさんの新しい
引越し先です。
がんばってます(^^)

診療情報管理士
in Okinawa!!

診療情報管理士で臨床
検査技師の資格もある
ラ・メディカルさんの
ブログです。
「診療情報管理士の
データベース」は必見。

♪めざせ診療情報管理士
65期で受講中の
チョコさんのブログです。

よく学び☆よく遊ぼう
チョコさんの新しい
ブログです。
お引越ししました♪

診療情報管理士通信教育第67期生ブログ
67期で受講中の
facataさんのブログです。


★お友達のリンク
チョビのひとりごと
傑作ネコちゃん劇場♪
とっても多才で楽しい
うさぴょさんのブログです


Total
Yesteday
Today





フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ASPアクセス解析
第13回 診療情報管理士生涯教育研修会 後編
このときはブログのぶの字も知らなかったので、
こんな風にネタにするんだったら、個人情報保護法
のこととか、もっと真剣に聞いときゃよかったと
ちょっぴり後悔しています。

お昼時間になったのですが、お弁当を販売すると
言っておきながら、ぜんぜん足りない数で、買えないし
時間ないしで、「しかたない、ホテルのレストランに行こう」
と言った所で後ろから
「あの~、お昼ご飯、御一緒させて頂けませんか?」
と声をかけられました。

この方が2人目の友達(もう勝手にきめてる)
の鹿児島のNさんです。



Nさんは中規模病院のクラークさんだったそうなんですが、
やはり管理士の資格を取られた時点で診療情報管理室へ
移動になったか、立ち上げたんだったかちょっと記憶が
曖昧なんですが、とにかくDrを叱咤激励しながら業務に
励んでいると言われていたと思います。

もとクラークさんだっただけあって、私やTさんへの目の配り方、
お話の仕方がとてもすてきで、3人で自己紹介や、情報交換、
おしゃべりなどをしていて、昼からの講演もやっぱり遅刻をして
しまいました(ーー;)

昼からは「DPC導入と今後の保険制度について」でした。
DPCで請求するとは、おおざっぱに言うと、入院基本料や
検査、画像診断、投薬、注射など病院施設が稼ぐものを
包括点数にし、手術や心臓カテーテルや内視鏡検査など
Drが稼ぐものは出来高点数にして、それを合算して請求する
ということです。
入院期間が長くなるほど包括の部分は安くなっていきます。

DPCで請求するか、出来高で請求するか、頭がハゲるほど
悩んでいる病院も多々あるかと思いますが、最初の82病院、
続いて手を上げた病院、それに続いて、今度はいつ手を
上げられるのか、条件や届出様式はどうなのか、質問される
病院の方が結構おられました。
記憶が曖昧なので詳しくご報告できないのが残念です。

最後にシンポジウム
「DPCにむけて診療情報管理士はどう対処するか」
という演題で、4人、コーディングの先生や、SEの方、病院の
医療情報課の方などが、あまり盛り上がらない話をされてましたが、
今の日本の病名がICDコーディングになじまない部分があり
問題であるという話になった所で、会場からあるおばさん(失礼)が
「日本のDPCはもっとアメリカの方式にあわせるべきだ」
という発言をされ、
おいおいそれじゃあどっからやり直しだよ…(--;)とプチびっくり
したところで名簿(研修会の冊子の巻末にある)をみると
医療情報管理士(米国資格)ですと…おばさん、失礼しました!
結構すごい人も来られてるというか、人は見かけによらないですね(汗

それに対してはまたどこかの病院の方がとても良い切りかえしを
されてたのですが、あまり覚えていませんm( )m

後半部分、先ほどの鹿児島のNさんが、飛行機の時間があるとの事で
途中退席されたので、いそいで私の携帯のメアドのメモを渡して
わかれました。実はいつ渡そうか機会をねらってたので午後からの
講演はあまり覚えてないんです(笑

帰りも風が強かったですけど、Tさんと私は色々話をしながら
大阪駅まで帰りました。次はどんな話ができるか楽しみです(^^)v
[PR]
by yuuna-him-no1 | 2005-06-24 23:24 | 診療情報管理士生涯教育
<< 明日は大阪で研修会 第13回 診療情報管理士生涯教... >>